美味彩々味処 飛騨牛「やぐら」のブログ

飛騨牛と高山の郷土料理が味わえる「やぐら」のブログへようこそ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自慢の竹の子

先日、竹の子の記事を書きましたが、その時のお話にあった「師匠と竹の子採り」に今朝主人が行って参りました。

3時半に起きて、4時に師匠を迎えに。

そしてそこから車を走らせて荘川というところまで。

車を止めてひたすら歩き、山へ入るそうです。

今年はまだ気温が低いため、思ったほどではなかったそうですが、それでもリュックいっぱいに採ってきました。



上の写真は今回採ってきた量の半分弱です。

すごい量だとわかって頂けましたでしょうか。

さらに、すごいのは量だけではなく、その大きさなのです。



これはどれも今日採ってきた竹の子なのですが、殆どが右側にあるような大きさです。

左側にあるのはごく一般的な大きさで、先日私が採ってきたのがこれくらいです。

大きさと言っても、重要なのは太さです。

同じ丈でも圧倒的に今回採ってきた竹の子は太いのです。

竹の子は採ってきた日にすぐ湯がかなけれはなりません。

この日しか使わないであろうビッグサイズの寸胴を、主人が帰って来る前に引っ張り出してきて、すぐに茹でられるよう湯を沸かして準備しておきました。



一度に茹できれず、二回にわけて茹でました。

そして茹であがったらひたすら剥く!



剥いた竹の子はツヤツヤでとても美味しそうです。



これらは天麩羅や味噌煮など、お店で提供致します。

ただ、こんなには使いきれないのでご近所や親戚、友達や従業員におすそ分け。

我が家では夕飯に竹の子ご飯を炊いて食べました。

でも、竹の子を採ってきた日の本当の醍醐味はやはり焼き竹の子を食べられるということです。

太くて大きなのをより分けておいて、それは皮付きのまま焼きます。

熱々のまま皮を剥いて食べると、なんとも甘くて最高の食べ方だと実感できます。

今夜は子供達もおやつを控え目にして、楽しみに待っていた焼き竹の子をたくさん食べました。

もう少し暖かくなる来週には、また早朝から出かけ、師匠と二人せっせと山を登る予定だそうです。

竹の子は足が早く(山菜はどれもそうかもしれませんが)美味しい時期は短いので、お早めにどうぞ!
スポンサーサイト


  1. 2012/05/30(水) 17:15:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の味覚 | ホーム | おまかせ会席>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yaguraya.blog.fc2.com/tb.php/22-c9c21398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。